最新情報を受け取る

g フィルマン・ジェミエホール

29 1月 - 2 2月 2019

  • ダンス
  • 音楽

アルバン・リシャール&アルノー・ルボティーニ

フィクス・ミー

© DR
© DR

肉体はものを語れるのだろうか。アルノー・ルボティーニのライブ演奏によるテクノシンフォニーにのせて、アルバン・リシャールが情熱を力に変える振付を担当。肉体が雄弁に語る、説教やスローガン。音楽にのり、絵画のように美しい振付には、強い情熱がほとばしる

4人のダンサーが、自分たちだけに聞こえる声に操られ、勇ましくメッセージを放つ。政治デモ、街頭演説と4人のアメリカ人女性宣教師の説教からインスピレーションを得た一連のムーブメントを通じ、言葉のないプロソディーの再現に、その全身を使い尽くす。ノルマンディー・カーン国立振付センターにてディレクターを務めるアルバン・リチャードが、彼独自の手法とその詳細なシナリオを携え、シャイヨーに舞い戻ってきた。それは、振付、音楽、照明の果たす役割がアカデミックに構成され、見るものを魅了する。数々の音楽グループや作曲家とのコラボを経て、現在、アルバン・リシャールは、フランスエレキ界のダンディ、アルノー・ルボティーニ(2018年「BPM ビート・パー・ミニット」のサウンドトラックでセザール最優秀オリジナル音楽賞受賞)と共同制作を行っている。アナログ機械、イメージの映写、スピーカー、ミラーボール、ストロボスコープの競演が、驚くべき相互作用、イマージョンをもたらす。さて、雄弁に語る肉体はどんな力を示すのか。

公演について

料金A

特典カード

特典カード:37€
25 €
ヤング特典カード:10€*
12 €
28歳以上の同行者
25 €
28歳以下の同行者
12 €

*2公演目が無料に!(座席に余裕がある限り)この公演は電話または直接劇場でのみ予約可能です。
 

会員

通常料金
4~6または3~6 イル・ド・フランス外の公演の場合
25 €
7以上
23 €
65歳以上s
4~6または3~6 イル・ド・フランス外の公演の場合
22 €
7以上
20 €
18~27歳
3以上
12 €
18歳未満
3以上
10 €
失業者
3以上
12 €
グループ(10人以上)
3以上
21 €

通常料金(非会員向け)

通常料金
37 €
65歳以上
29 €
18~27歳
13 €
18歳未満
11 €
失業者
13 €
生活保護受給者
8 €
グループ(10人以上)
29 €
学生グループ
6 €